松本市で夢のマイホーム @タマホーム

新築決定からの進め方など我が家なりの手順を書いていきます。

【家の解体】片付け~解体まで

訪問ありがとうございます、さめこパパです、

(2019年9月~11月)

https://4.bp.blogspot.com/-3BPVsd4RSkE/WASJMXkRK4I/AAAAAAAA-_8/YpVOXBeq1lk4DpMLK6RQrqU0urA82PlhQCLcB/s800/kouji_ie_kaitai.png

 

 

【家の解体】

今回、新築をするにあたり土地の購入はせず、今住んでいる家の横の「はなれ」を取り壊しての土地の確保となります。

 

↓土地の決定は以前の記事にて 

www.sameko717.com

 

【取り壊す前に...】

 この「はなれ」ですが物置代わりにしてた為、かなり中に荷物があふれていました。

平屋だったのでそこまでの物はありませんが、それでも今の家に来る前にアパートで使ってた物(こたつやソファー他大物)があった為、解体予定の10月下旬までに中身をほぼ空っぽにする必要がありました。

 

残暑が残る昨年9月過ぎ家族総出で片づけが始まりました。

 

 

【なつかしいものいろいろ】

片付けをしていく上で疲れ以上に進行を邪魔するものがあります、

そう、

 

「思い出の品々の登場」(笑)

 

奥さんの実家の物置だったので、まあ出るわ出るわww

本当に必要な物もあるので一括でいらないと言うわけにはいかず、一応一通り目を通して片付けるため結構な時間がかかりました。

(ゴミ袋20~30個は出たんじゃないかな?)

 

 

【解体開始】

解体自体は平日の日中に1週間程かけて行われました。

私は実際に経過は見ておらず、夕方仕事から帰ってくるたびに家の形が少しずつ減っていく感じでした(笑)

 

まあ、木造の古い平屋だった為、あっという間に解体が完了しました。

 

今まであったものが急に無くなると景色も変わるので少し寂しい感じはしましたが、逆にこの見晴らしのよさも今のうちだなと感じました。

(平屋を解体して2階建てにするので見晴らしは逆に悪くなります)

 

 

【解体後の土地の進行】

解体後の土地はある程度造成されて完了ですが、

着工前までに以下の作業が入りました。

 

  1. 地盤調査
  2. 区画(分筆等の区分け)整理で四隅に杭打ち
  3. 地縄張り

 

「地盤調査」

地盤調査はタマホームの場合は基本料金に入っています、別途工賃が発生することはありませんが、ここで地盤に問題がある場合は別途100万前後の「地盤改良工事」をする事となります。

 

分譲地などの既に整備済みで購入した土地の場合は必要ありませんが、我が家みたいに元々の古い土地に家を建てる場合は、事前に確実に行う必要があります。

 

この地盤調査、ほんの少し(近所で数件)離れただけでも改良工事が必要になる場合もあるとの事で、調査自体も実際に家を建てる基礎の4隅と中央付近の計5箇所を調査しますが、一方は硬く一方は柔らかいという結果になっても結局改良工事が必要になるらしいです。

 

☆我が家の調査結果☆

→多少の柔らかさはあるものの、5点均一な硬さの為問題ないとの事!

(見積り予算にも約125万ほどの記載があった為、借り入れ総額にもかなり影響してくるのでものすごく安堵しましたw)

 

 

「杭打ち」

これは分譲地等では既に区分けされているので必要ありませんが、我が家みたいな住宅地で家を建てる方で主に実家の土地を区分けして建てるような方が関係してくる内容かと思います。

→後にこの区分けの境界で大問題が発生しますがそれは後日ということで..。

 

 

「地縄張り」

 解体後に更地だった所に、実際に建てる家の配置に対して外周に縄やロープで線引きをする作業です。

図面でしか分からなかった家の広さがある程度わかるようになりますが、この状態だけだと思ったより面積が小さく見えます。

→基礎まで進むと大きさの実感が沸き、地縄張りよりも大きく見えてきます。

地鎮祭もこの状態で行われます。

 

 

【まとめ】

 我が家では分譲ではなく隣の「はなれ」を解体して建設する事を選びましたが、

これが結果的に大幅なコスト削減となりました。

 

分譲予定の土地代→1100万

解体費用→100万

 

この結果1000万という大きなお金が浮いた事になります。

おかげで家にかけられる金額が増して家の仕様が豪華にすることが出来たので大変満足な結果になりました。

 

 当初予算からもし分譲を選んでいた場合は、家の坪数が約9~10坪、グレードやオプションも1つづつ下げなくてはならなかったかもしれません。

 

 

☆参考までに☆

ここ最近(震災や台風豪雨災害の以降)、実家の近くに家を建てる「近居」となる人が増えてきているそうです。

いざとなったら子供もすぐ預けられるし親の状況も見にいけるとの事、また我が家みたいに土地の提供もあれば建物にかけられる費用も増やすことが出来るのでメリットとしては結構多いと思います。

 

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

【細かい仕様の打ち合わせ】内装、外装、etc・・。

ご訪問ありがとうございます、さめこパパです

(2019年8月~11月)

https://1.bp.blogspot.com/-LoC09eY9z64/Vm94udsd0KI/AAAAAAAA1rg/I0v8LZvn2zY/s800/job_kenchikuka.png

 

水回りの選定から約1ヶ月…

久しぶりの打ち合わせの連絡がありタマホームへ、

 

今度の打ち合わせは、内装と外装の細かい仕様です。

一通り書いていくと、

  • ドア
  • 屋根
  • 外壁
  • 窓枠
  • ベランダの手すり
  • 階段
  • 玄関タイル
  • etc..

 

そして最大の難所(謎)の壁紙

 

などなど多岐にわたる仕様があり、はっきり言って何が何だか…(笑)

 

 

ある程度のサンプルはタマホームのオフィスに用意されているため選ぶ際は決めやすいかと思いますが、壁紙に関しては分厚いサンプルファイルがあり持ち帰りもOKですが、実際の使用する面積が広いためあまり参考にならず結構選ぶのに苦戦しました。

 

しかも壁紙、部屋数やこだわりの場所が多ければ多いほど選ぶ種類も増えてきますので、丸一日かけても選びきれませんでした。

(天井や壁の白基調は簡単ですが、アクセントとしての色つきの壁紙が選ぶのに時間がかかりました。)

 

 

【夫婦での基準の違い】

このアクセントクロス(色壁紙)を選ぶ際の夫婦での基準の違いに・・。

さめこパパ→場所場所での色使いを基準にし、全体としてはあまり気にしない。

さめこママ→全体での色使いを意識して統一感を出す感じに・・。

 

女性と男性の考え方の違いなのか、かたや性格(血液型)の違いなのか、こうも意見が間逆だと揉める原因になるかもしれません(笑)

 

まあ我が家の場合は、

奥さんがメインで居るスペースは奥さんに決定権を、ということで「キッチン回り」と「洗面所回り」は奥さんに決めてもらいました。

(その他はちゃんと話し合いで決めました。)

 

 

アクセントクロスや細かい仕様の詳細は、web内覧会などであとから公開したいと思います。

(資料が無いので今は公開することが出来ません)

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

【水回りの選定】洗面台編

訪問ありがとうございます、さめこパパです。

(2019年7月)

 https://3.bp.blogspot.com/-mBy0OGi86so/UnIEOhWGXZI/AAAAAAAAaAs/1Kd8c_ilUO8/s800/room_senmen.png

 

前回までに水回り3点(キッチン・バスルーム・トイレ)のメーカーが決まりましたので、最後はいよいよ洗面台です。

 

 

 

洗面台の選択肢は、

LIXIL

パナソニック

の2社からとなります。

 

※水回り製品の選定でパナソニックショールームは見学に行ってませんので、

必然的にリクシル1社での検討になります。

 

ショールームへ】

見積もり段階でのリクシルの洗面台は「MV (W900)」という製品で、

よくある900mmサイズの三面鏡仕様の洗面台です。

 

我が家では奥さんがこういう既製品はちょっと...、との事で少しおしゃれな洗面台を探していましたが、ショールームで良い物を見つけました。

www.lixil.co.jp

 

しかし、後日見積もりを取ってびっくり、

この洗面台一式で40万越え、

 

 

ん~~~、無理!!!

 

 

ということで営業担当と相談し、なるべく低コストで自分たちの望むデザインの洗面台が出来るよう検討が始まりました。

 

 

【なるべく安く洗面台をつくるには】

タマの担当者から案内されたのは、

・洗面台(テーブル)は造作で大工さんに作ってもらう

・洗面ボウル、蛇口などの備品は自分たちで調達し設置してもらう。

・洗面ライトも同様、自分たちで調達

→タマリビングの打ち合わせの際にすっかり忘れていたため結局自分たちで調達するハメになりました(笑)

・鏡ももちろん自分たちで気に入る製品を調達。

・脱衣所用の棚と洗面棚の兼用品を造作で作ってもらう

 

以上の提案で進めていく事になりました。

 

 

【調達した部材一覧】

 ・洗面ボウル、蛇口、止水栓、Sトラップ(セット)

以上の4点は「サンワカンパニー」での調達です。

 

洗面ボウル↓

www.sanwacompany.co.jp

 

蛇口↓

www.sanwacompany.co.jp

 

 

洗面台用ライトはヤフーショッピングで奥さんが良い物を選定しました↓

※写真は後日。

 

 

 

洗面鏡はさめこパパの選定で、色は奥さんに選んでもらいました↓

www.sennoki.com

サイズは600mm×600mmの色はナチュラルの鏡にしました。

www.sennoki.com

 

【かかった費用】

水洗一式→約8万円

ライト→5000円

鏡→約1万円

以上のパーツと洗面台造作費でも合わせて10数万で製作出来ることとなりました。

(約30万の節約!!)

 

 

まとまり等の出来上がり具合は既製品には敵いませんが、

結構な節約が出来たのでこれはこれでよかったのかと思います。

 

完成した後にはまた写真をアップしたいと思います。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。m(_ _)m

 

 

 

【水回りの選定】トイレ編

ご訪問ありがとうございます、さめこパパです。

(2019年7月)

 https://1.bp.blogspot.com/-2cvgnCbNoFQ/VhHgUhjliuI/AAAAAAAAy6Y/I1xeWeydsw0/s800/toilet_kirei.png

 

 

これまでにキッチンとバスルームのメーカーが決定しましたので、

今回はトイレの選定についてです。

 

 

 

【トイレの選定】

トイレはLIXILTOTOの2社どちらかからとなります。

 

トイレは1階と2階の2ヶ所設置しなければいけません

我が家では当初、

1階→タンクレストイレ

2階→タンク式トイレ

の仕様で検討していましたが、両方ともタンクレストイレにする事にしました。

 

 

ショールームへ】

LIXILTOTO共にショールームで提案してもらった機種は、特定の住宅会社向けにしか供給していないトイレとなります。

ホームページに記載がないので、一般向けの同等機種をリンクとして貼りますので、ご参考になればと思います。

 

LIXIL

リクシルのトイレは

タンクレストイレ→ハーモJ

→一般販売向けのサティスと同等

LIXIL | トイレ | サティス(タンクレストイレ)

タンク式トイレ→ベーシア

→一般販売向けのアメージュと同等

LIXIL | トイレ | アメージュZA シャワートイレ

 からの選択です。

 

TOTO

TOTOのトイレは

 タンクレストイレ→NJ2

→一般販売向けのネオレストDHと同等

ネオレスト AH・RH・DH|TOTOのトイレ(便器)・ウォシュレット(温水洗浄便座)

タンク式トイレ→ZJ

 →一般販売向けのGGと同等

GG/GG-800 - 商品紹介・価格情報|TOTOのトイレ(便器)・温水洗浄便座「ウォシュレット」

 

 

【トイレの決定】

我が家のトイレは「TOTO」にすることにしました。

 

 

両社のトイレを見た結果、正直言ってそんなに機能的には変わらないところが多い印象でしたが、結果的に我が家が選定の重要事項に選んだポイントが、

 

「自動開閉式のフタ」でした、

要は楽したいということですね…(笑)

 

 

両社ともにタンクレストイレには自動洗浄は付いていましたが、タンク式トイレには付いておらずまずここで仕様(タンク有り無し)が決まりました。

あとはメーカーをどちらかにするか決めるところです。

 

次に節水の比較として、TOTOには「eco小」と言う3リットル(床排水)で流せる節水モードがあり、主に男子小便時や掃除などのペーパー類を使用しないときに使えるモードがありその点が決定のポイントとなりました。

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。m(_ _)m

 

【水回りの選定】バスルーム編

ご訪問ありがとうございます、さめこパパです。

(2019年7月)

 https://3.bp.blogspot.com/-nIqC-bUJPYY/UnIEOi89JfI/AAAAAAAAaA0/Pq9IyVFY-UU/s800/room_ofuro.png

 

前回キッチンのメーカーが決定しましたので、今回はバスルームについてです。

 

 

【バスルームのメーカー】

バスルームは以下のメーカーからの選択となります

 

【バスルームの選定】

バスルームは以下の2社から選ぶ事となりました。

LIXIL(キッチンと同時に見学)

TOTO

 

 

「バスルームの決定」

最初に言ってしまいますが、バスルームはLIXILに決定しました。

 

えっ(・・?) 

 

いきなり何故?と思われるかも知れませんが、

TOTOのバスルーム、タマホーム仕様だと「ほっカラリ床」ではなく「カラリ床」だったのです。

これが決定打となりました。

※今住んでいる奥さんの実家もTOTOで、良い仕様で入っているので完全にダウングレードとなる為却下となりました。

 

 

じゃあ決定したLIXILは、と言うと…

LIXILのバスルームは「アライズ」仕様で浴槽が3種類から選べました。

www.lixil.co.jp

・標準タイプ(ミナモ浴槽)

・ロング浴槽

・エコベンチ浴槽(浴槽内の段差付き)

LIXIL | 浴室 | アライズ | バリエーション

 

※うちは結局「ロング浴槽」にすることにしました。

→最初は段差付きがいいかなと思っていましたが、ショールームで入ってみると少し窮屈に感じてしました、一方ロングはパパ(身長176cm)でも足を延ばせる長さがあったのでこちらに決めました。

余談:段差付きは段差の分少し節水になるとの事です。

 

またアライズの中のコンセプトも、機能性の高いミドルグレードの物が入っています、

LIXIL | 浴室 | アライズ | コンセプト

 

 

 この他にも、掃除がしやすい仕様になっていたり、 

www.lixil.co.jp

 

 

床も「キレイサーモフロア」といったひんやりしない仕様の物が入っていたりします。

ショールームで体感してきました。

www.lixil.co.jp

 

【バスルームで弄ったところ】

バスルームについては概ね良いものが入っていたのでそこまでオプションで追加となるものがあったわけではありませんが、1つだけ我が家の希望を取り入れたものがありました。

 

それは入り口の「ドア」です。

 

標準では折り戸となっていましたが、掃除のしやすさから開き戸に変更しました。

 

【まとめ】

ということで床の仕様での判断となったところはありましたが、リクシルが総合的に良いものが入っていたので、奥さんも満足の上で決定いたしました。

 

 

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

【水回りの選定】キッチン編

ご訪問ありがとうございます、さめこパパです。

(2019年7月)

 https://1.bp.blogspot.com/-FhHq06p0SQ0/UfIJaaWqNeI/AAAAAAAAWjM/WMXr76jC2_E/s800/system_kitchen.png

 

 

前回間取りがある程度決まりましたので、次は水回りの選定です。

 

www.sameko717.com

 

 

 水回りの選定は…

 

水回りと言っても、

・キッチン

・バスルーム

・トイレ

・洗面台

 

があります。

 

タマホーム指定のメーカーは

タマホームではそれぞれの水回り製品に対しそれぞれ指定のメーカーが設定されていますので、その中で決めていくことになります。

※指定以外のメーカーが使えるかは分からないので、タマホームの営業担当に確認していただいた方が良いかと思います。

 

各仕様で設定されているメーカーですが全部回りきれないと思い、

我が家ではメーカーを絞ってショールームへ行くことにしました。

 

 

 【キッチン】

ということで今回は、最初にキッチンの選定について書いていきたいと思います。

キッチンは以下のメーカーからの選択となります。

  • タカラスタンダード
  • LIXIL
  • クリナップ

 

【キッチンの選定】

キッチンは以下の2社から選ぶことになりました。

・タカラスタンダード

LIXIL

 

「タカラスタンダード」

最初にタカラスタンダードのショールームへ予約を取り見学へ行きました。

タカラスタンダードといえば「ホーロー」ですよねー( ^ω^ )

ホーローと言うのは金属の表面に高温でガラス質を密着させた製品のこと。

ホーローが愛される理由 | タカラスタンダード

 

良いと思った点

・金属なので磁石もくっつく為、キッチン回りにあると色々便利だと奥さんが言ってました。

・また傷や汚れにも強く長持ちするとの事です。

ショールームのお姉さんが、ワイヤーブラシで擦ったりチャッカマンで火を点けたりと豪快な実演をしてましたが大丈夫でした( ^ω^ )

まるごとホーローキッチン | タカラスタンダード

 

 

不満に思った点

ショールームに展示してある「良い感じの製品」はほとんどがオプションで予算的に少し心配でした。

LIXILとの比較となってしまうが、収納が少し少ない事。

 

 

LIXIL

LIXILと言ったら水回りに限らず、窓・ドア・玄関・インテリアなどなど家に関わる大半があります。

www.lixil.co.jp

 

良いと思った点

・なんと言っても収納が多い

・IH前のガラスパネルが希望する仕様が出来る。

 

不満に思った点

・特になし

 

という事で、収納力の差でキッチンはLIXILに決定しました‼️

 

 

まあキッチンということで、こればっかりは奥さんの権限で決定しました。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。<m(__)m>

【間取りを決める】各社のいいとこ取り…。

訪問ありがとうございます、さめこパパです。

(2019年7月)

 

前回、仕様(仮)が決まり本契約をしてきました。

 

www.sameko717.com

 

 

そしたらいよいよ本格的な仕様の打ち合わせです、

まずは基本となる「間取り」の決定です。

 

 

基本的な間取りはタマホーム(店舗)のモデルハウスが基準になり、

そこに欲しい仕様をアレンジしていきました。

 

ここでハウスメーカー決定前に見学させてもらった各社のモデルハウスの「売り」の部分が役に立ちます。

※これから新築を検討されている方は、ハウスメーカー決定前に少なくとも数社は見学しておくと仕様決定の際に便利だと思います。

 

 

 

【各社参考にして取り入れた仕様】

  • リビング横の畳スペース
  • 小屋裏
  • 少し広めのベランダと長めの屋根
  • 寝室横の書斎
  • ママ専用の「ママズスペース」(広さの関係からルームとまではいきませんでした)

 

【我が家独自の提案】

  • ピアノの設置スペース増設(リビングの一部にスペースを取る為、間取りを拡張)
  • シューズクローク(友人の家を参考に、来客用と家族用の2つの上り口がある仕様)
  • 子供部屋のドア位置変更(階段前からトイレ前へ)

 

以上の要望を取り入れつつ、タマホーム側で耐震性(柱と壁の必要箇所)の確認をして頂き間取りを決定しました。

 

 

【完成見学会へ】

上の提案で基本仕様を決めた数日後、タマホームの担当者さんから「完成見学会」に行ってみませんか?と提案が…。

仕様もこれで完成ではなく、他の家の中にもまだ取り入れられる仕様があるかもしれない…と行くことにしました。

 

行った見学会は全部で2カ所、担当者さんとは現地で集合しました。

玄関で布製の手袋とスリッパを履いていざ中へ。

※見学会の時の写真はありません、あっても載せるのダメですよね?

 

 

モデルハウスとは違い、実際に住む人のこだわりがあちこちに見受けられました。

2カ所を見させてもらいお手本になった仕様(実際に取り入れた仕様)が、

  • 通常の窓サイズではなく細長い窓2連での配置

→これはリビングで使われていましたが、うちは畳スペースで使うことにしました

 

f:id:sameko1813:20200418102043p:plain

  • リビングから洗面所方面へ行く導線途中にある壁の削減

→洗面所、階段への通路が広く取れました

 

f:id:sameko1813:20200418102248p:plain

 

  • リビングのメインの掃き出し窓を2枚から4枚へ拡張

→採光量・見た目の良さアップ

 

  • リビングの幅の拡張

→リビング横の畳スペースを1畳分縮小してその分リビングの幅を広げました。

※畳スペースとリビングの間にある目隠しの壁(奥行1m)の移動もお願いをしました

 

f:id:sameko1813:20200418102534p:plain

  • お風呂のドアの構造変更

→折り戸から引き戸へ

 

以上の内容を図面に反映してもらうよう担当者さんへお願いを出しました。

 

 

結局2件だけしか行かれませんでしたが、各社のモデルハウスだけでは分からない細かいこだわりが見れてとても参考になりました

 

※この記事を書いている今(4月中旬)現在は全国で(新型コロナの)緊急事態宣言が発出されています。

うちの完成予定日(5月末)頃にどうなっているか分かりませんが、完成見学会が出来なければ時々ブログでやっている「web内覧会」的なものは開催したいと思っています。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。m(_ _)m